YouTubeリスクヘッジ

【YouTube】収益剥がしもありえる?!使ってはいけない「NGワード」とは?

こんにちは、
JUNです。

チャンネル運営していると、知らず知らず使っていた「NGワード」によってペナルティを受けることもありえます。

YouTubeには使ってはいけない「NGワード」というのがあるので、今日はそれをしっかりと覚えてください。

ではいきましょう!

 

動画解説

 

 

 

禁止ワードを使ってしまうと…

 

NGワードを使うことで受けるペナルティにも種類があります。

それらを見ていきましょう。

 

動画削除

 

禁止ワードをタイトルや説明欄に入れることで強制的に動画が削除されることがあります。

 

収益の無効化

 

収益の無効化は動画に広告が表示されなくなります。

どれだけ視聴回数が増えても、収益が生まれることはありません。

 

チャンネル停止

 

最大のペナルティであるチャンネル停止です。

チャンネルにログインすることができなくなります。

 

覚えるべきNGワード集

 

では、YouTubeで使うと危険でリスクの高いNGワードを紹介します。

これは僕の主観ではなく、データに基づいて抽出している確かなものばかりなので、ぜひ頭に入れといてください。

中にはごく自然に使ってしまうようなワードも含まれているはずです。

 

アダルト系

 

エロやアダルト要素を含む言葉は禁止されています。

伏字で書けば問題ないとネットで書かれていたりもしますが、これも大きな勘違いで通報などによるチャンネル停止もありえるので気をつけてください。

 

薬、ドラッグ

 

データによると薬やドラッグという言葉を使って、収益無効化になったという前例があります。

ドラッグという言葉はNGをなのは一目瞭然なのですが、薬も見方によってはドラッグと同等の扱いを受けてしまうということでしょうね。

扱わない方が正解ですね。

 

自殺、死、死因

 

「死」や「殺」いう単語がNGなのは理解できると思いますが、

  • 死ぬほど笑える~
  • 死ぬほど楽しい~

といったタイトルも場合によっては収益を剥がされてしまうようです。

勢いでつい使っていまいそうな言葉ではあるので、タイトルをつける際は細心の注意を払ってください。

 

テロ関連の言葉

 

以前、韓国の国家問題を扱うチャンネルの一斉停止があったように、テロや国際問題に関連する言葉はNGワードに当たります。

最悪、収益無効化ではとどまらずチャンネルBANの恐れもあるので注意してください。

 

事件関連

 

全ての事件がそれに当たるとは限りませんが、特定の事件名を入れることで収益無効化になってしまったという前例はありますので注意が必要です。

タイトルや説明欄に具体的な事件名を入力するのは辞めておきましょう。

これは事件の当事者からの通報により禁止ワードになっている可能性があるそうです。

 

NGワードを使用してしまっていたときの対処法

 

僕自身のそうだったですが、禁止ワードというのは常に意識していないと「知らない間に使っていた」ということがよくあります。

もしあなたが知らず知らずタイトルやタグ、説明欄にNGワードを入力して収益無効化を受けてしまったときの対処法についてお伝えしていきます。

 

NGワードを別の言葉に変えてみる

 

収益無効化の主な原因は「タイトルに入力した禁止ワード」です。

ただ、禁止ワードを別の言葉に置き換えることで収益無効化を解除される可能性は十分にあるます。

危険だと判断できる言葉を消して、数日間待ちましょう。

 

動画自体を削除する

 

収益無効化された動画が、アダルト系はもちろんのこと、事件やテロ、過激すぎる内容を含んでいる動画なのであれば、動画を削除したほうがいいですね。

いくら動画の視聴回数が伸びていても、その1つの動画のせいでチャンネル停止を受けるほどバカらしいことはありません。

健全の動画でも十分に再生回数は稼げますので、即対処しましょう。

 

チャンネル管理で動画を定期的にチェック

 

これは僕の経験なのですが、YouTubeからのメールを見逃していて動画の1つが収益無効化されたということを1ヶ月くらい気付かなかったことがありました。

そういうこともあるので、チャンネル管理で動画が全て収益化されているのかを定期的にチェックするようにしてください。

収益無効化を放っておくことで、チャンネル停止を受けるというルールはありませんが、健全なチャンネルとイメージとしてはマイナスになってしまうのでチャンネルの管理は徹底して行いましょう!

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

JUN