YouTube基礎知識

【YouTube】月10万~稼ぐ方法をステップバイステップで解説!

こんにちは、
JUNです。

今回はメルマガを登録してもらった際に、設定した目標である月10万円の資産を生み出すチャンネルを構築するまでの流れをステップバイステップで解説していきます。

人が1つのことに対してモチベーションを維持するためには、まずは全体像を把握することが大事です。

やるべき作業その1つ1つはすごくシンプルなので、何度も読んでまずはYouTubeで稼ぐ全体像を理解してください。

この月10万円の資産ですが、ここまでたどり着いた人は比較的簡単に20万、30万と収益を増やすことができます。

やはり0→1が一番労力のかかるところなので、最初はいつもより少し気合入れて学んでいきましょう!

ではいきます。

 

動画解説

 

 

YouTube稼ぐ全体像

 

YouTubeで稼ぐ流れは、この7つの項目です。

  1. YouTubeチャンネルの開設
  2. ライバルチャンネルリサーチ
  3. ネタのリサーチ
  4. 動画編集&アップロード
  5. 動画データを取りブラッシュアップ
  6. 稼げるチャンネルか見極める
  7. 資産チャンネル化させる

この流れに沿って動画を継続投稿していれば、月10万円を生み出す資産を構築することはできます。

細かく解説していきます。

 

YouTubeチャンネル開設

 

まずはチャンネルを作らないことには何も始まらない!

ということで準備に必要なモノを説明します。

 

グーグルアカウント取得

 

YouTubeの親会社はグーグルです。
つまりYouTubeにログインするためには、Gメールが必須条件なんですね。

なので、まず最初にすべきことはグーグルアカウントの取得です。

 

YouTubeチャンネルの作成

 

次にYouTubeチャンネルを準備します。
まずは適当に1つの動画を投稿してみましょう。

 

アドセンスアカウントの取得

 

YouTubeチャンネルで収益を得るために取得する必要があるのが、このアドセンスアカウントです。

YouTubeで再生回数を獲得することで生まれる収益は、このGoogleアドセンスという広告サービスから得られます。

ブログサービスと違って、YouTubeは簡単にアドセンスアカウントを取得できますのでサクッと登録を済ませましょう。

 

動画編集ツールの準備

 

  • 動画編集
  • サムネイル作成

をするために、

  • 動画編集ソフト
  • 画像編集ソフト

この2つは必須ツールになります。

基本無料ツールでも問題ありませんので、解説動画にてご紹介します。

動画作成を効率化するために紹介するソフトはまだありますが、とりあえずこれらを準備すれば、チャンネル開設&動画アップロードをすることができます!

 

ライバルチャンネルリサーチ

 

そしてチャンネルが準備できたら、いよいよ攻めるジャンル選定を行うためにライバルチャンネルのリサーチをします。

参考になるネタをモデリングすることで動画を作成していくので、全てオリジナルでネタを考える必要はありません。

ある程度のスキルやセンスがないとそれはちょっと無理がありますよね?

僕が提供するノウハウは、しっかりとリサーチし「今のYouTube市場では、どのような動画が需要があるのか?」という見極めさえできれば誰でも稼げる手法だと言い切れます。

そのためにはライバルリサーチ、参考になるチャンネルのリサーチが必須事項です。

YouTubeでの稼ぎ方その全ては、YouTube上に答えがあります。

チャンネルや動画の再生回数や投稿数、クオリティなども含め、リサーチしていれば一目瞭然全て分かります。

その中で稼いでいる動画やチャンネルを発見し、それをあなたのチャンネルに取り入れていけば稼げるようになるのは当たり前の話なんですね。

なので最初は、稼げているライバルチャンネルのモデリングを徹底すれば良いのです。

そうやってチャンネルを資産化していきます。

そしてライバルに成り得るチャンネルを見つけたら、

  • 今の自分のスキルで作成可能か?
  • 毎日投稿できるだろうか?

を見極めてみてください。

最初、

「できることを毎日やる」

を徹底するんです。

月収10万円を稼ぐためのノウハウはソフトなどの使い方は、僕のコンテンツで学ぶことができます。

 

ネタのリサーチ

 

次に動画のネタ元となるサイトをリサーチし、素材を集めます。

再生回数が伸びている動画には、必ずネタ元が存在するので、それを参考に動画を作成していきます。

大きく稼いでいる人気チャンネルは、完全オリジナルで動画を作成しているわけではなく、これから紹介するサイトからネタを仕入れてる場合がほとんどなんですね。

 

Yahooなどのニュースサイト

 

話題のトレンドネタを最も早く知るには、やはりYahooやMSNなどのニュースサイト。

最近の出来事であれば、ニュースサイトのトップページに目を通せば、伸びるネタはゴロゴロ転がっています。

 

2ちゃんねるまとめ

 

誰もが一度は見たことあるであろう2チャンネルには、トレンドだけではなく、最近話題の出来事やニュース、マニアックな特化ネタまでネタが尽きることがないほど、次々に新しいネタがアップされていきます。

掲示板を見れば、盛り上がっているネタも一目瞭然なので、是非それらを参考にしてください。

 

まとめブログ(キュレーションサイト)

 

特化ネタをまとめているサイトも数多く存在します。

特化ジャンルに取り組んでいるなら、そのジャンルのまとめサイトを複数お気に入りに入れておくだけで、ネタに困ることなく毎日投稿ができないということはまずありません。

攻めるジャンルが決まったらすぐに、関連キーワードで参考サイトを探してみてください。

 

Yahooリアルタイム

 

ここを見れば、リアルタイムで最新の話題を閲覧することができます。

 

Twitter(ツイッター)

 

人(特に若者)の関心のある事柄が、次々と拡散されていくのがこのTwitterの特徴です。

最新のトレンドは、このTwitter上でどんどん広がっていくので、いち早く情報を察知することが可能です。

 

テレビ

 

トレンドや話題のネタは、まずはテレビからとはよく聞いたものです。

テレビのネタをそのまま転載するのではなく、キーワードを拾ってネットで検索することで、ネタ元サイトが見つかったりします。

テレビをよく見る方であれば、ただ楽しむだけではなく、ネタを見つけるという観点でテレビに触れることを意識してみてください。

 

動画編集&アップロード

 

まずは様々なジャンルで攻める

 

動画編集は慣れるまでは、特化ネタに拘るのではなく多種多様なネタを参考にして動画作成をし、質(クオリティ)より量をこなすつもりで投稿していくことをオススメします。

その過程で、

「このジャンル得意かも!」

「このネタ伸びるな!」

という実体験をしつつ、徐々にジャンルを絞っていけばOKです。

そうやって動画編集に慣れていきながら、実践によるあなただけのデーターが取れていくので、「これはいける!」という傾向を掴みながらジャンル選定していきましょう!

 

ライバルの動画を徹底してモデリングする

 

ライバルチャンネルの動画をリサーチすればするほど、伸びているその理由がわかってきます。

最初は量で勝負ですが、慣れとともに少しずつ少しずつライバルとのクオリティの差を埋めていってください。

最初から完璧にモデリングできなくても問題ありません。

スキルアップとともに、少しの変化からで良いのでライバルの編集方法を再現することが、やがては質でも量でもそのチャンネルを超える結果へとつながります。

できないことはできない。
だからできることをやる。

あなたが持ち得るスキルの中で、それを実践していってくださいね。

 

毎日投稿を心がける

 

これだけ忘れないでください。

YouTubeは毎日投稿しているチャンネルとそうでないチャンネルとでは、再生回数や関連動画の表示率に大きな差が生まれます。

これは視聴者ではなく、「YouTubeからの評価」による影響です。

毎日投稿しているチャンネルは、YouTubeから

「このチャンネル運営者は毎日真面目に投稿してるな!より少しチャンネルパワーを上げて再生回数を優遇しようか」

という評価を受けることができるのがルールなんですね。

逆もしかりということです。

なので評価を下げないために、できるだけ毎日投稿、最低でも週3~4本の投稿を心がけ、評価を下げないチャンネル運営をしてくださいね。

 

チャンネル運営当初は「伸び悩む」ということを知る

 

はっきり言って、初投稿から1~2ヶ月は再生回数は伸びにくい傾向にあります。

僕のチャンネルもそう、現在稼いでいるYouTube実践者も最初はみんなそうなので、ここで心折れて手を止めてしまってはいけません。

先ほど説明したとおり、YouTubeから評価の影響もあるということを決して忘れないでください。

動画投稿を継続して、あなたのチャンネルに動画溜まっていったその先に、必ずチャンネルパワーがつき、再生回数もチャンネル登録者も「一気に大爆発」する瞬間が訪れます。

これは継続して実践した人は、例外なく体験していること。

なので最初の1~2週間実践したぐらいで、

「全然伸びない、、もう辞めようか・・」

などと思わず、アクセスが激増することを信じて、自分を信じてYouTubeアフィリエイトに取り組んでください。

 

動画データを取りブラッシュアップ

 

YouTubeの機能の1つである「アナリティクス」を見ることで、投稿した動画に対してのデータを抽出することができます。

それを知ることで、チャンネルの方向性や修正する点を見つけ、レベルアップさせていくことで、より資産度の高いチャンネルへと強化していくことが可能です。

 

再生時間&視聴者維持率

 

今現在のYouTubeのルールとしては、再生時間も大事ですが、視聴者維持率が最も重要視されていますので、まずこれをよく覚えておいてください。

YouTubeの仕様は度々変更があるのですが、この視聴者維持率のデータは特によく見ておいてほしいんですね。

自分の投稿した動画に、視聴者さんはいったいどのくらい滞在してくれているのかを知った上で、

  • 果たして需要があるのだろうか?
  • 動画のクオリティ(質)は問題ないだろうか?

を自分なりによく分析してみてください。

あなた自身が、YouTubeを見る際に感じる様々なことに意識を向けることで、自分の動画を客観視することができます。

 

チャンネル登録率

 

例え大きな再生回数を稼ぐ動画を量産したとしても、それに対する「チャンネル登録率」が低いとそれは非常にもったいないことです。

「人気のあるライバルチャンネルと比較して、果たして自分のチャンネル登録率はどうだろう?」

と定期的(一週間に一度)にチェックすることが大事です。

総再生数÷チャンネル登録人数=チャンネル登録率

になります。

チャンネル登録人数が多ければ多いほど、動画の初速の伸びが早いため、その分動画の爆発再生が起こる可能性も高いですし、当然ながら稼ぎにも直結します。

もしライバルチャンネルに対してチャンネル登録率が低い場合、そこには何かしらの理由があるはずです。

そのスキマを埋めることで、必ずその差は無くなりますし、やがてはライバルのチャンネル登録率を超えることを目標にしてチャンネル運営を心がけていきましょう。

 

キーワード

 

アナリティクスでは投稿した動画が一体どのようなキーワードでアクセスがあったのかを知ることができます。

このキーワードに関連した動画、もしくは同じキーワードを使って「ずらしの手法」で動画を量産するのも手です。

あなたのチャンネルで今、需要の高いキーワードは何なのかをしっかりと把握して、それを積極的に活用していきましょう。

 

稼げるチャンネルか見極める

 

ここで1つの決断が必要になってきます。

それは運営しているチャンネルを

  • 継続するのか?
  • 捨てるのか?

の選択です。

それまでに動画を毎日投稿し、データを取り改善し、動画投稿数が50~程度になってきたらこの見極めが必要なときかもしれません。

チャンネル継続か否かを見極める際に、着目してほしいのが、

  • 再生時間
  • チャンネル登録率

です。

再生時間は、僕の経験では30%以上再生されていれば特に問題なく、投稿を継続していくことで、再生回数が爆発する可能性もあります。

それ以下の再生時間であれば、需要がないと判断してもよいかもしれません。

登録率に関しては、最低でも700再生で1登録は欲しいところですね。

もしあまりにも登録率が悪い場合は、伸びづらいチャンネルだと判断できます。

 

資産チャンネル化させる

 

あなたのチャンネルのデータを分析した結果、このまま運営を継続しても問題ないと判断できたら、気合を入れて資産チャンネル化を図りましょう。

目標に掲げた月10万円の資産構築までチャンネルを育て上げましょう。

そこまで行けばもうYouTubeの実践が苦になるなんてことは絶対にありません。

なぜならば、月10万円を稼げるチャンネルが20万、30万と収益を増やしていくことは容易だという1つのデータがあるからです。

つまり、ネットビジネスで稼ぐためのノウハウ全てに言えることですが、月5~10万円までの道のりが最も長く苦しく辛いということです。

まぁYouTubeアフィリエイトに関しては、そこまで長くも苦しくも辛くもないですが。。

なので、そこにたどり着くまで僕のコンテンツと共に継続していきましょう!

 

今日は以上になります。

ありがとうございました。

JUN