アクセスアップノウハウ

【YouTubeテクニック】サムネイルで再生回数を圧倒的に増やすには?

こんにちは、
JUNです。

「サムネイル」とは、YouTube検索時に表示される各動画の「画像」のことです。

サムネイルが気になってタイトルを見ることなくクリックしてしまったという経験が、YouTube好きのあなたにもあるかもしれませんね。

そうなんです。

この「サムネイル」も前回解説したタイトルに続き、再生回数に大きく影響を与える要素。

「どんなサムネイルにすれば
動画をクリックしてもらえるのか?」

そのポイントを詳しく解説していきます。

 

動画解説

 

 

サムネイルは動画内容を超越する

 

先ほども説明しましたが、サムネイルとは検索や関連動画で表示される、各動画の画像のことです。

  • タイトル
  • サムネイル

はっきり言いますと、この2つの要素は動画のクオリティや内容を超越してしまいます。

それほど、「再生回数を上げる」ためには超重要なんですね。

あなたはYouTubeを見る際、【何を基準】に動画をクリックしていますか?

おそらく多くの人は、ブラウザのお気に入れたYouTubeを立ち上げたとき、

「今日は、これとこれとこれを見よう!」

と決めてYouTube動画を見ているわけではないと思います。

タイトルもそうですが、多くの人はサムネイルを見て瞬間的に面白く楽しみ得る動画かどうかを勝手に判断させられています。

判断しているのではなく、判断させられてるんですね。

 

「クリックしたけど、全然面白くねーじゃん!!」

いまだに僕もこれを繰り返してます苦笑

本質的に考えると、サムネイルよりも動画内容の方が大事なのは最もなんですが、どれだけ良い動画内容であっても見てもらわないことには話にならないのがYouTubeなんですね。

マンガや雑誌をジャケットだけで判断してつい購入してしまうように、YouTube動画のサムネイルもついクリックしてしまうもの。

つまり、視聴者をついクリックさせることができる最大の武器がこの「サムネイル」でもあるわけですね。

タイトルにせよサムネイルにせよ、この2つのどちらかを疎かにした時点で動画を見てもらうことはできません。

だからこの2つだけは、徹底的にマスターしてほしいと思います。

 

クリックされるサムネイルとは?

 

では、一体どんなサムネイルにすれば視聴者さんにクリックしてもらいやすくなるでしょう?

 

注意を引く画像

 

まず最低条件として、目立ってインパクトのある画像を使うことが重要です。

例えば下記の画像を見てください。

画像

 

興味を惹かれ、つい見てみたくなる画像ですよね?

多くのライバル動画が関連に並ぶ中、スクロールを止めさせるには、やはりインパクトのあるサムネイルを選ぶ必要があります。

 

文字の色を目立たせる

 

文字の色を変えたり、文字に枠をつけたりするだけで、ライバル動画より目立たせることもできますし、色により様々な心理的影響を与えることもできます。

その効果で、瞬間的にクリックさせることも可能です。

画像

 

このサムネイルは文字を赤と黄色(信号で言うところの注意喚起)にすることによって、「何か危ない、、」「危険だ!」という印象を与えています。

楽しい動画であれば青や緑を使ったり、かわいい系動画ならピンクとか、ホラー系動画なら紫などを使うことといった工夫が再生回数に繋がることは言うまでもありません。

 

「どうなるの?」と思わせる

 

そのサムネイルのワンシーンを見た瞬間に

「一体何が起こったの?

「えっ?この後どうなるの?」

「なぜそんなことになったんだ!!」

と思ってもらうことが重要です。

 

「クリックするとその答えが知れる!」

というイメージを与えることができれば、再生回数は自ずと伸びていきます。

画像

 

タイトルの一部をサムネイルに入れる

 

もしタイトルが完成しているのであれば、タイトルのキーワードや注意を引くキーワードをサムネイルに入れるのもありですね。

インパクトある画像に、一言、

・驚愕な事実が・・
・ガチでヤバい・・
・YouTubeの裏事情…

などの文言を入れるのもかなり効果的です。

画像

 

 

サムネイル作りの注意点

 

釣りだけのサムネイルはNG!

 

これはタイトル同様、釣り目的のサムネイルは、一時的に再生回数は伸びてもファンが離れていくだけなので絶対に辞めておきましょう。

クリックした動画の内容との乖離を知った瞬間に、登録者は低評価を押しチャンネル解除するでしょう。

何よりも大事なファンを悲しませる行為ですし、そういった人からの通報によるチャンネル停止の可能性も考えられるということを忘れないでくださいね。

 

エロ系やグロ系はNG!

 

エロ系、グロ系などの過激なサムネイルでクリックさせるYouTubeアドセンス実践者は今でも存在しますが、動画削除&チャンネル停止は時間の問題です。

継続的に稼ぐことはまず無理ですし、今のYouTubeのルールによって稼いだ収益が剥がされて「全没収」の可能性も非常に高いです。

こんなバカバカしいことはないですよね。

YouTubeアドセンスは実践すればするほど、単利利益ではなく複利利益を得られるのが最大のメリットのはずです。

にもかかわらず、動画をアップロードしては動画削除→チャンネル停止を繰り返すという選択をするのは実に愚かな行為です。

 

サムネイルのトレンドと種類

 

ここでは、今YouTubeでクリックされやすいサムネイルのトレンドと種類についてお伝えしていきます。

サムネイルの種類は

  • 画像系サムネイル
  • 文字系サムネイル
  • 画像&文字系サムネイル

主にこの3つに分かれます。

では、1つずつ解説しますね。

 

画像系サムネイル

 

画像のインパクトだけで攻める、最もシンプルなサムネイルです。

未確認生物や不思議生物、事故などの衝撃系によく使われる画像で、文字を入れるのか入れないのか悩むところではあります。

画像のみで勝負するには、やはり「え?どうなるの??」と感じる画像(シーン)を選ぶことが重要ですね。

動画のワンシーンをキャプチャーする場合は、

「なぜこんな目に?!」

「このあとの展開は??」

「どうしてこんなことを?」

と思わせるその瞬間をキャプチャーして使いましょう!

 

文字系サムネイル

 

文字系サムネイルは主に、感動系や、政治系、スカッと系などのお話エピソード系などで活用されています。

動画タイトルの文言を貼り付け、色をつけたり文字の大きさに強弱をつけたりすることでよりインパクトの与えことができます。

色に違いによって相手の心理に訴えかけるモノは様々なので、文字系サムネイルを活用される場合は、適当に色をつけるのではなく、色が人に与える影響なども学ぶことをオススメします。

各ジャンルに合った色を使いこなせることで、ライバルとの大きな差別化になりますので!

 

画像&文字系サムネイル

 

これは僕が最も活用してるタイプのサムネイルです。

こんな感じのサムネイルですね。

顔出しYouTuberの多くは、この画像&文字系サムネイルを活用していますし、このタイプはどんなジャンルの動画にも応用することが可能です。

あくまでも「興味付けのコトバ」を入れることが大事で、ダラダラと長く文字を書かないようにすることがポイントです。

  • 結論を濁す
  • 疑問文を使う

この考え方はどこにでも使えますし、

 

「なぜこんな目にあった?!」

「このあとどうなる??」

「どうしてこんなことした汗」

といったセリフが思い描くよう文書を入れましょう。

あとは訓練すれば上手くなりますよ!

 

サムネイルの解説は以上になります。

何度も言いますが、

  • タイトル
  • サムネイル

この2つはYouTubeで再生回数を稼ぐ上で、最も重要な要素です。

タイトルとサムネイルを制するものは、YouTubeを制すというと大げさかもしれませんが、そのくらいの心づもりでこの2つと向き合ってみてください。

ぜひこれから魅力的なサムネイルをどんどん作っていって、動画への誘導からファン化へとつなげていきましょう。

 

では。
ありがとうございました!

JUN