アクセスアップノウハウ

【YouTube】再生回数を激的に上げるタイトル付けコツ

こんにちは、
JUNです。

今回は、どういったタイトルを付ければ視聴回数を伸ばすことができるのかというYouTubeテクニックの話です。

 

動画開設

 

 

 

YouTubeは、「動画の内容 < タイトル」である

 

どれだけトレンドの動画や需要のあるネタであっても、タイトルの付け方を間違えたら、再生回数は全く伸びない動画となってしまいます。

動画を作れど作れど、視聴回数が上がらないという声を今でもよく耳にしますが、その原因は決まってタイトルなんですね。

まずこれをよく覚えておいてくださいね。

どれだけ動画を量産してアップしても、検索結果に表示されないとアクセスは集まりません。

逆に言うと、ため息が出るほど「ショボい動画」でもタイトル付けがナイスだと大きな再生回数を獲得できるということですね。

そんな動画をあなたも見たことあるのではないでしょうか??

 

そういった意味でもYouTubeで稼ぐにはこのタイトル付けが超重要となってきます。

 

しっかりとリサーチした上でのネタ選定はヒットする可能性が高い分、このタイトル付けのテクニックやルールをしっかりあなたのものとしてください。

一度でもタイトル付けのコツをつかめばあとはいくらでも応用できますし、各ジャンルのパターンというものも存在します。

つまり、慣れてくると「パズルを埋めるように」遊び感覚でタイトル付けができるようになるということです。

 

 

YouTubeのタイトル付けルール

 

YouTubeはYouTubeの伸びるタイトルの法則というものがありますので解説していきます。

 

タイトルの文字数は30文字前後までにする

 

YouTubeでのタイトル付けにおいて、「Google」と「視聴者」にとっての最適な文字数は30文字前後です。

はっきり言って長すぎるタイトルを嫌う視聴者は少なくないですし、スマホで検索した場合、関連動画に載るタイトルが切れてしまうというデメリットもあります。

なので僕の経験上、30文字前後にしておくのがベスト。

視聴者がパッと見た瞬間にキーワード&サジェストキーワードが目に入り、且つ興味付けするコトバを表示させる必要性があるということですね。

そのためには、まず「タイトルは30文字前後」を徹底しましょう!

 

メインキーワードは必ず左寄せにすること

 

あなたが付けた動画タイトルは一体誰にアピールするためにものでしょうか?

多くの人が「視聴者!」と答えると思いますが、その前にアピールすべき対象がいます。

それはYouTube(グーグル)です。

タイトルは、「まずYouTube(グーグル)が検索で発見できるようにしなければならない」ということを覚えておいてください。

これがタイトル付けの最大のコツといっても過言ではないでしょう。

ではどうすればいいのか?

それは具体的に言うと、あなたの動画が検索で発見されるために最も重要なのは「メインキーワード」を入れることです。

そしてただ入れるだけではなく、そのキーワードを一番左端に持ってくることなんですね。

これだけで検索に表示されやすくなります。

例えば「YouTubeテクニック」というキーワードを使う場合、

YouTubeテクニックが凄いと話題に!

凄いと話題のYouTubeテクニック!

 

あくまでも一例ですが、もし「YouTubeテクニック」というキーワードでアクセスを集めたい場合は、「凄い」や「話題」を左端にすべきではありません。

この記事のタイトルで言うと、「YouTube」と「再生回数」という順番になっています。

これはYouTube、再生回数キーワードで検索されることを狙って、左端に持ってきています。

もし需要のあるこの2つのキーワードをタイトルの最後につけてしまうと、限りなく検索されにくいタイトルになってしまいます。

なので、言葉がおかしくならない範囲でメインキーワードは左端にすることを実践(必須)してくださいね。

 

疑問文を使って視聴者を参加(考え)させる

 

YouTubeでタイトルをつける際、疑問文を活用することで視聴者に強い興味付けができますし、クイズ系などの動画になると視聴者を参加させることもできます。

「~の真実知ってましたか?」

とするだけで、

「えっ?なになに??」

と興味を引きクリックしてもらうことは可能です。

あなたもきっと経験があるでしょう。

視聴者に何かを問いかけるというのは、アクセスアップには非常に大事な要素です。

疑問文が付けれそうな動画にはガンガン活用していきましょう。

 

タイトルで結論は明かさないこと

 

タイトルを見た瞬間、「あ~これ知ってる知ってる」と動画をスルーした経験があなたにもありませんか?

せっかく時間をかけて動画を作ったのに、タイトルでスルーされ何十万再生回数というアクセスを逃してしまうのは、YouTubeアドセンス初心者にとっては日常茶飯事です。

これは本当にもったいないことだと強く自覚してほしいんですね。

再生回数をアップさせるためには、「結論を濁す」というテクニックも必要になってきます。

具体例を上げると、

「タイトルの付け方がJUNのネオアクセスアップの極意だ!」

よりも

「JUNのネオアクセスアップ究極の極意とは?!」

などその秘密をタイトルでは明かさないほうが再生されるに決まっていますよね。

怖いのは、この2つの再生回数の差たるや、ウン千やウン万ではとどまらなかったりするんですね。

まったく同じ内容の動画でも、タイトル一つで10~50万再生回数の差が出るというのはザラです。

ホント恐ろしいほどの差がでます笑

これだけで報酬にして数万円とかの差になってくるので、タイトルを侮ってはいけないと僕自身も実感する毎日だったりするんですね。

よく覚えておいてくださいね。

 

好奇心をあおるインパクトキーワードを入れる

 

インパクトキーワードとは「感情を揺さぶるコトバ」だと思ってください。

あなたが毎日のように見ているYouTubeで「ついつい動画クリックしちゃったけど、全然オモロないやん~」って動画に着目してみてください。

「あ、興味ないネタなので、今クリックしそうになっちゃった」

とかでもいいです。

そういった時、あなたの感情は揺さぶられて、タイトルの中には必ず内容が気になるインパクトキーワードが使われているはずです。

  • とんでもなくヤバい!
  • 驚愕の真実が…
  • 実は○○だった。。
  • ついに暴露!
  • ~の裏事情が汗

などなどまだまだありますが、これらは全てインパクトキーワードで、このコトバだけ見ても多くの視聴者は気になってしまうものです。

大事なことは、あなたの感情が動いたキーワードは全て手帳や、スマホのメモなでにストックすることです。

これらのキーワードを僕が全てここで公開することは簡単ですが、あなた自身で一つ一つを集めていく習慣づけてほしいんですね。

そうすることで頭に定着しやすいですし、適材適所で必要なインパクトキーワードを脳内の辞書から取り出しやすくなります。

ネット上だけではなく、普段からインパクトキーワードを意識して生活していると、ありとあらゆる場所で見つけることができますし、色んなお店に見かける広告などを注意深くリサーチするのが楽しくなってきます。

ぜひあなたの感情をよくよく意識を向けて、インパクトキーワードを集めていってください。

 

サジェストキーワードも活用する

 

メインキーワードをYouTubeの検索窓に入力すると下記のような、キーワードの羅列が出てきます。

今回はYouTubeというメインキーワードです。

画像

 

ここに表示されたYouTubeに続くキーワードのことを、「サジェスト(提案)キーワード」と言います。

ここで大事なことは、サジェストキーワードは検索の多いものが上位に表示されているということです。

つまりYouTube(グーグル)に動画を発見してもらいやすくするために、一番左端に入力したメインキーワードと合わせて、このサジェストキーワードを動画タイトルに盛り込むこともアクセスアップのためのコツです。

メインキーワードを左端に持ってくるということだけは徹底してください。

 

ここで紹介した6つのテクニックを心がけてタイトルをどんどん作っていきましょう。

あとはトライ&エラーを繰り返してタイトルを洗練させていけば、アクセスも自然に伸ばしていくことが可能です。

アクセスさえ集めることができれば、収益も上がりビジネス活動も楽しくなっていくのは必然!

一歩一歩着実に進んでいきましょう。

 

タイトルを付ける際にやってはいけないこと

 

タイトル付けの際、下記はNGだということを覚えておいてください。

メインキーワードを並べ立てる

 

アクセスが集まりやすいからといって、動画タイトルにキーワードを適当に並べているだけの動画があります。

少しおかしな文章になっていて、視聴者が困惑するようなタイトルはいくらアクセスの集めるキーワードを並べても意味がありません。

こういったチャンネルにファンが定着しないようなことは絶対NGです。

あくまでも上記の6つの要素を意識して、キーワードを少し削ってでも、分かりやすく興味付けできるタイトルを心がけてくださいね。

 

タイトルで釣るだけの動画

 

いくら感情を揺さぶることのできるインパクトキーワードを活用するといっても、「動画の内容に合ったもの」を使ってください。

これは僕自身の恥ずかしい経験でもあるんですが、タイトルに慣れてくると、タイトルだけでアクセスを集める(人間心理で釣る)ことも可能です。

タイトルはいくらでも過激にできるし、それにより人も再生回数を稼ぐこともできますが、タイトルと動画の内容が大きく乖離したものとなってしまい、結果的にどんどんファンを失っていきます。

これでは本末転倒。。

目的はしっかりとファンをチャンネルに定着させて、稼ぎ続けることなので。

「なんだよ、また釣り動画かよ・・
YouTubeに報告だ!」

なんて思われないような動画作りをすることが、当たり前の話ですが必須です。

何よりも、今のYouTubeのルールとして、再生回数よりも視聴維持率に対する評価の方がはるかに大きいので、釣り動画をアップすればするほど、検索や関連動画に表示されるチャンスを逃していきます。

最悪、チャンネル停止にもなりかねないので、釣りタイトルには注意してファンを不愉快にさせないタイトル付けを徹底していきましょう。

 

禁止ワードはチャンネル停止につながる

 

YouTubeはどんなキーワードでも許されるわけではありません。

  • アダルト
  • 麻薬
  • 暴力

などこれらをタイトルにつけると、動画の削除、チャンネルBANにもつながるので絶対に使わないように気をつけてください。

チャンネルに多くのヒット動画が存在していたにもかかわらず、たった数本の動画のせいで、チャンネルが停止されたという話をいまだに聞きます。

前日、チャンネルBANされた「ラファエルチャンネル」もその一つですね。

収益が0になる可能性のある行為は徹底して排除してきましょう。

健全な運営を心がけていけば、そんなに簡単にチャンネル停止をされてことはありませんので。

 

YouTubeタイトル付けのまとめ

 

今回、色んなテクニックを紹介しましたが、要は

  • 視聴者がクリックしたくなり
  • YouTube(グーグル)が検索しやすい

タイトル付けをしていきましょうということ。

意識する対象は、グーグルと視聴者。

そして、これは6つのタイトル付けテクニックを活用すれば簡単に作ることができます。

決して難しい話ではありません。

これらを参考にタイトルをどんどん作っていって少しづつ慣れていき、タイトル付けのレベルをアップさせていってください。

動画の方も、僕のタイトル付けの実演動画もあるので、ぜひ何度もご覧になってみてください。

YouTubeでやるべきことは決して多くはなくて、難しくもなくて、才能もいらなくて、全て慣れです慣れ!

毎日実践して慣れていってスキルアップを図ってくださいね。

 

今日もありがとうございました。

    JUN