YouTube機能

【YouTube】カード設定で芋づる式に再生を得る方法

こんにちは、
JUNです。

今回は、芋づる式に動画に誘導し、再生回数を増やす「カード」機能について解説していきます。

このカード機能を使いこなすことで、遊園地で色んなアトラクションを楽しむかのように、面白い動画から面白い動画へと、視聴者を導いてあげることができます。

先ほど、遊園地と例えましたがYouTubeが用意してくれる多くの機能はユーザービリティを向上させるためだけではなく、「とことんまで楽しんでもらう」ことを目的として存在します。

そういった機能を「無料」で使えることの素晴らしさを感じ、存分に活用してほしいんですね。

ではいきますね。

 

動画解説

 

 

カード機能の特徴

 

まず、カード機能でできることは

  1. 動画への誘導
  2. 再生リストへの誘導
  3. チャンネルへの誘導
  4. アンケート機能
  5. 特定のサイトへの誘導

の5つです。

これからあなたがYouTubeで活用する機能は、

  1. 動画への誘導
  2. 再生リストへの誘導

の2つがおすすめです。

 

特定の動画への誘導

 

YouTubeチャンネルを収益を得るためには、やはりチャンネルパワーをアップさせることが重要です。

このカード機能を使い「再生数の高いある動画」に誘導し、さらに再生回数を伸ばすことで動画パワーが上がり、結果的にチャンネルパワーを得ることができるんですね。

誘導すべき動画は、やはり「再生数が高く、再生時間の多い動画」になります。

動画投稿を欠かさず、さらに特定の動画への誘導をしていくことで、その効果が実感できる日がくるはずです。

是非実践してみてください。

 

特定の再生リストへの誘導

 

テレビの番組のように、「私の運営するチャンネルには色々なカテゴリがあります。」というのを視聴者さんに伝えるのに便利です。

たとえ1つのジャンルを扱っていたとしても、動画内容は細かく細分化できるはずなので、それに合わせて再生リストを作り、カード機能で誘導させるとよいですね。

ただただ投稿された動画を視聴してもらうだけではなく、ユーザーさんにチャンネルの全てを伝えるという意識でチャンネル運営をしてみてください。

そのためには、この「カード」はとても便利で利用必須の機能となるはずです。

 

「終了画面」と合わせて活用しよう!

 

別の記事で解説した、「終了画面」というYouTube機能がありますが、この「カード」と合わせて動画に挿入することができます。

  • 「カード」機能
  • 「終了画面」機能

単体でも、チャンネルを育てるためにかなり役に立つ機能ですが、合わせて活用することでさらなる効果を発揮することは間違いありません。

 

動画を投稿するときは必ず取り入れてみてくださいね。

今回は解説は以上になります。

 

では、
ありがとうございました。

JUN