チャンネルビルディング

YouTubeに動画をサクッとアップロードする方法を解説

こんにちは、
JUNです。

YouTubeチャンネルの準備はできましたか?
まだという方は、5分もかかりませんので前回の動画を見ながら作成してみてくださいね。

さて今回は、いよいよYouTube動画のアップロード方法の解説をしていきます。

何事も「千里の道も一歩から」です。
着実に一歩一歩進めていきましょう!

 

動画解説

 

 

YouTube動画のファイル形式と画質について

 

まずアップロードする前の注意点である、
YouTubeに投稿できる動画の種類について。

動画のファイル形式

 

実際に動画をアップする前に、

  • 動画のファイル形式
  • 画質の形式

を理解しておいてください。

まずオススメの動画ファイル形式はMP4になります。

 

他にも、

・avi
・mov
・wmv
・flv

など動画用の拡張子があります。

しかし、MP4以外のファイル形式はアップロードに時間がかかったり、たまにエラーになったりもしますので、書き出しはMP4を推奨します。

 

YouTubeにアップロードできる画質の形式

 

画質の形式は「解像度」のことですね。

解像度の数字が大きれば、それだけキレイになりますが容量も大きくなります。

2160p: 3840×2160
1440p: 2560×1440
1080p: 1920×1080(フルHD画質)
720p: 1280×720(HD画質)
480p: 854×480
360p: 640×360240p: 426×240

 

YouTubeのアップロードに関しては、やはり

1080p: 1920×1080(フルHD画質)
720p: 1280×720(HD画質)

のどちらかをオススメします。

HD以下の解像度で作成した動画はやはり見劣りしますので、
上記のどちらかで書き出しをすれば間違いありません。

映像の質は視聴者さんにとっては、かなり大事なポイントで、チャンネル登録率にも直結する部分です。

これは覚えておいてくださいね。

 

YouTube動画のアスペクト比とは?

アスペクト比とは、画面サイズの比率のことです。

基本、

  • 横4:縦3
  • 横16:縦9

がありますが、今の主流は16:9なので必ずこちらを活用してください。

ちなみに一昔前のテレビのサイズのアスペクト比が4:3になります。

昔のテレビは今のようにワイド型ではないので、もし動画編集ソフトで4:3で書き出してしまうと、正方形に近い画面用に書き出しされてしまうんですね。

それによってYouTubeにアップロードしたときに、映像の横に黒い帯のようなものが入ってしまい見栄えが悪くなります。

比率の調整は、大抵の動画編集ソフトで変更可能なので、16:9になるように編集してくださいね。

 

YouTube動画アップロード方法

 

では、YouTubeに動画を投稿しましょう!

1.YouTubeにログインして、画面右上の「動画のアップロード」をクリック

 

2.アップロードするファイルを選択、またはドラッグ・アンド・ドロップします。

準備した動画などは、予めデスクトップに置いておくとドラッグ・アンド・ドロップでアップロードできるので作業効率がよかったりします。

ちょっとした準備で効率が上がり、その分時間が浮いたりもするので、あなたなりに考えながら作業に取り組んでみてくださいね。

 

3.アップロードが開始されたら、基本情報を入力していきます。

 

アップロードが完了するまでは、少し時間がかかりますので、この時間を活用して、

  • 動画のタイトル
  • 説明欄
  • タグ
  • サムネイル画像

 

などを設定していきましょう。
予め準備している場合は、各欄にコピペすればOKです。

これらの設定内容はいつでも変更可能です。
※別動画で解説

 

4.アップロードが完了したら、最後に右上の「公開」をクリックして完了。

 

これでチャンネルに動画が投稿されました。

動画を作っては投稿を何度も何度も繰り返して、あなたの資産を築いていってください。

以上が、動画のアップロード方法の解説でした。

 

ありがとうございました!

JUN