チャンネル&動画リサーチ

YouTubeリサーチにおいての注意点 これだけはNG!

こんにちは、
JUNです。

リサーチも当然ながら闇雲にやればいいと言うわけではありません。

一歩間違えると、チャンネルBANされたり著作権侵害で動画が消されたりするリスクもああるんですね。

今回は、チャンネルリサーチにおいての注意すべき点やリスクを避けるために必要なことについて解説していきます。

間違ったリサーチによって、「結果遠回りしてしまった・・」とならないように、今回の内容をしっかりと頭に入れておいてくださいね。

ではいきましょう!

 

動画解説

 

 

リスクにしかならないリサーチ

 

先程も言ったようにリサーチを間違えることで、せっかく構築したチャンネルが一瞬で無くなってしまうことがあります。

これは僕自身、経験していることですし、そうなったときの痛手はかなり大きいのでこれから話す3つの項目を頭に入れておいてください。

 

グレーゾーン(規約違反)の動画をアップしているチャンネル

 

あなたもYouTubeをよく見る方なら、下記のような動画を目にしたことはありませんか?

  • テレビ動画の転載
  • ラジオ動画の転載
  • アダルト系
  • 過激な表現

 

いわゆるグレーゾーン動画ですね、、

いまだにこういったTVや他メディアの動画転載で、楽に稼ごうとするYouTube実践者は跡を絶ちません。

 

「規約違反ギリギリだけど運が良ければ稼げる」

はっきり言ってこれは数年前の話であって、今ではかなり危険な行為となっています。

運良くアドセンス報酬が伸びたとしても報酬が銀行口座に入る前に、YouTubeからグーグルアドセンスの停止を受けてしまう可能性が高いんですよ。

だから、転載で稼ごうとするのは絶対に辞めておきましょう。

今のYouTubeはこういったグレーゾーンで攻めなくても、しっかりと健全な動画をアップロードし続ければ、大きな再生回数はとれます。

つまり稼ぐことは全然可能ですし、月10万の資産を構築をするのに、危険な行為を犯す必要はないってことです。

楽してドカンと稼ぐという意識は手放して、長期的に稼ぐという意識で、焦らず取り組んでいきましょう!

 

激伸びしてる古い動画(チャンネル)をモデリングする

 

YouTube実践者の中には、とにかく再生回数が高い動画(数十万再生回数の動画)を何も考えずモデリングしている人が少なくないです。

これには注意が必要で、数年前に伸びた動画をただ闇雲にアップロードしても再生回数を得ることは難しいです。

情報が古すぎるってことですね。

僕自身、あるときから1年以上前の動画をモデリングすることは辞めました。

どれだけ再生回数が高い動画をモデリングしても、古い動画は伸びにくいということが分かったからです。

これを知っておくだけで、かなり稼ぎやすくなるはずです。

あなたが新チャンネルを立ち上げ、YouTubeチャンネルをリサーチする際は、

  • 3~4ヶ月前に運営を開始したチャンネル
  • 3ヶ月以内にアップロードされた動画

 

を徹底的に探し、モデリングすればよいということです。

これはYouTubeで稼ぐためには超有料級のヒントなので覚えておいてくださいね!

 

有名なYouTuberや実況者をモデリングする

 

これに関しては、多くの人は真似できません笑
なので稼ぐことに特化した場合は、これをいきなりチャレンジすることはNGだと思っています。

場合によっては動画編集スキルや、ネタを生み出す能力なども必要になってきますし、動画を量産することは容易ではないですからね。

もし、それでもやってみたいなら、僕のノウハウで10~30万円稼げるようになってからチャレンジするでも遅くはないと思います。

ある程度の経済的余裕ができてから、「あなた自身のブランド化」をスタートしていきましょう。

YouTubeで稼ぐための大事なことは、

「毎日動画作成をし、毎日アップロードすること」

です。

そのためには、今のあなたのスキルでもできる範囲のノウハウを実践することです。

ハードルが高いと無理にやろうとすると人間は、必ず手を止めてしまいます。これだけは避けましょう。

ちなみに、ヒカキンさん、はじめしゃちょーさん、ワタナベマホトさん、ヒカルさんなどの有名YouTuberの動画編集技術や、サムネイルなどを参考にするのは決して悪いことではないので、そういった視点で色んなリサーチしてみるのがいいですね!

 

とにかく、「まずは稼げるノウハウで稼ぎましょう!」ってことですね。

 

チャンネルの総再生回数が高いのに、動画数が少ないチャンネル

 

真剣にチャンネルリサーチしてると、「あれ?なんでだろ??」と感じることがあるはずです。

それは、少ない動画投稿数(10~30本)で、チャンネルの総再生回数が圧倒的に高いチャンネルを見つけたときです。

10本しか動画アップされてないのに、1000万再生回数とかも普通に見かけたりします。

こういったチャンネルは、アップロードした過去の動画を、削除している可能性が高いんですね。

これではデータとして不明瞭なので、モデリングチャンネルの対象にはなりません。

削除するに至った「何かしらの理由」があるということでしょうが、多くの場合は、先程説明したグレーゾーンの動画をアップロードしていた可能性が高いです。

リスク動画上げ続けた結果、YouTubeから動画削除のペナルティが来て、チャンネルBANを防ぐために動画を消したということが考えられます。

ただ単に、チャンネルコンセプトの変更ということも考えられますが、
あまりにも数字がおかしい場合は、注意深くリサーチすることが大切です。

それためには、

・チャンネル開設日
・最も古い動画の投稿日

この2つを確認してみてください。

例えば、チャンネル開設日が2018年3月1日に対して、動画の初アップロード日が2019年の3月1日になっていたら、動画を削除しているという可能性が高い。

こういったチャンネルはモデリングの対象にはならないと思ってください。

なので、僕の無料コンテンツで解説してるしっかりとデータの取れるチャンネルリサーチを意識してやっていきましょう!

 

YouTubeリサーチについての再確認

 

  1. グレーゾーン(規約違反)の動画をアップしているチャンネルはNG
  2. 激伸びしてる古い動画(チャンネル)をモデリングするのはNG
  3. 有名なYouTuberや実況者をモデリングするのはNG
  4. チャンネルの総再生回数が高いのに、動画数が少ないチャンネルはNG

 

これらをしっかりと頭に入れて、YouTubeのチャンネルリサーチを心がけていきましょう。

これだけは、ブログでもメルマガでも何度も何度も言いますが、

【YouTubeはリサーチが全て】

です。

最初は面倒くさいかもしれません、、難しく感じることだと思います。

でもリサーチを日々の習慣に取り入れると、すぐに慣れてきますし、嫌でもモデリングチャンネルを発見することができます。

一つ見るけることができれば、芋づる式に見つかったりするので、あとはそれらのチャンネルの動画を参考にするだけなので!

継続さえできれば、誰にとってもできないなんてことはないただの作業ですから。

あなたが最初に設定した目的意識をしっかりともって、着実に一歩ずつ進めていってくださいね。

 

では。
ありがとうございました!

JUN